帖佐のブログ

青信号、皆で渡ると大渋滞    渋谷にて

逆説的うざい論

前略



「うざい」という言葉は常にマイナスイメージを持つ言葉だが、昨日の帰り道、僕はふと想った。


「本当にそうか?」と。


先日職場の同僚に借りた本に「疑う事」の新しさ、大切さが綴ってあった。
僕にとってはあまり無い概念だった。


何も人や友人を疑うとかそんな陳腐な話ではない。
固定概念にとらわれていると、何の疑いもなく世の中の潮流に流されてしまうのではないかと考えたのだ。


結論を言うと、そのウザさが実はその人の良さであり魅力であったりするのではないかと
発見したのです。


人と人との距離がドンドン遠ざかる現代。ウザさとういのは逆説的にとらえれば本当は大切あるいは貴重なファクターなのではないのかと考える今日この頃です。


                             草々

バイクとギターと音楽と先輩

前略



バイクで日本中を旅したいと思う今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか?


逢いたき人、この上多く、バイクで高速にのって大阪にも北海道にも徳島にも鹿児島にも行きたい。


それと、ほろ酔いで友の歌と共にギターを弾く事のこの上なく幸福な事。
僕の夢と空想はこの2つだけ。


でもこの2つが実践出来れば結構潤った人生が送れるような気がする。
夢とは別に日産スタジアムのステージに立つ事だけではない。
ほんの些細な事に喜びを感じられる。
そんな人間に成長出来たらと思う今日この頃です。


                        草々



脱、ギャンブル

前略



ギャンブル。。。


何の生産性や何も建設的な事は無いのに、人はこいつにハマる。


折角の土日なのにずーっと馬ばかり。。。


自分対する誓約書のようなブログだが、休日は楽器を習う事にしました。


高校時代からの友達と「昭和」というユニットを組んだので、っつうか今までは自分ばかり目立とうと、下手くそなくせに歌い続けていたが、つい先日ライブバーで彼のヴォーカルの伴奏をしたところ、気持ちいい気持ちいい。


「そっか、僕は脇役が好きなんだ」なんて気づいたりもした。
器用貧乏を絵に描いたような僕だが、ちょっとギターを極めたくなった。
弾けるっつったて只オープンコードが弾けるだけ。


しかーーーーーーーーーーーし。


ネットで音楽スクールを検索してみたら、なんか胡散臭いのが多い((+_+))


何事もすぐに突進してしまう僕だが、もういい加減43。
慎重にスクールを選ぼうと、ちょっぴり夢を見付けた帖佐でした。



                         草々